デジタルアートが約33億円で落札 「NFT」の技術活用(2021年11月10日)

1705862140_hqdefault-1658925-3170539-jpg 暗号通貨



 データ改ざんが難しい技術を使ったデジタル作品がおよそ33億円で落札です。

 オークション会社のクリスティーズは9日、デジタルアート作家「ビープル」の作品がおよそ32億6000万円で落札と発表しました。

 作品にはデータの改ざんが難しく、所有権を明確にできるNFT(非代替性トークン)という技術が活かされています。

 箱の中で映像が変わり、デジタルアートの枠を超える作品として注目されています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Comments

タイトルとURLをコピーしました