『大谷家の知られざる秘密』両親だけじゃなかった!幼少期の大谷翔平を支えてきた兄と姉。そして家族の関係性が熱い【大谷絶賛】【大谷翔平物語】

1704880637_maxresdefault-5097523-3636017-jpg スポイラー



◆BGM素材について
ダウンロードサイト
・フリーBGM・音楽素材 MusMus
 →https://musmus.main.jp/
・DOVA-SYONDROME
 →https://dova-s.jp/
・NoCopyrightSounds
 →https://www.youtube.com/@NoCopyrightSounds

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

皆さんにとって、一番大切な存在は誰ですか?
子どもを持つ母親、父親にとって、自分の息子や娘からこんなことを言われたら嬉しいでしょう。

「僕にとって一番大切な存在は、家族」

こう語っているのは、今や世界一の野球選手となった大谷翔平選手です。
2023年、大谷選手はWBCにも出場し、日本代表の中心選手となって活躍し、世界一の原動力となりました。さらにその勢いは衰えることなく、なんとメジャーリーグ史上初となる、2度目の満票MVPを獲得し、メジャーの長い歴史を塗り替えたことで大きな話題になりました。

日本人の誰もがその名前を知っていると言っても過言ではないくらい、今では国民的スーパースターとなった大谷選手は本当に「よくできた息子」と言えるでしょう。子どもから大人、年配の世代にも大人気な大谷選手。そんな大谷選手の根っこには、深い「家族愛」がありました。

そんなスーパースター・大谷選手が、「一番大切な存在」と語るのが、大谷選手の家族です。大谷選手をずっと支え続けてきた家族ですが、中でも、父・徹さんが子供時代の大谷選手を指導していたことは、ご存じの方も多いのではないでしょうか?
そんな父親の徹さんについて、大谷選手は次のように振り返っています。

「お父さんから怒られたのは、グラウンドでの野球のときだけですね。家に帰ってからはほぼなかったと思いますよ」

野球のことになると熱血指導。でも家では子供の自由を尊重するような、大谷家の温かい空気が伝わってきますね。
また、大谷選手は、7つ上の兄・龍太さんと、2つ上の姉・結香さんの3人兄弟。そんな兄弟と大谷選手の幼少期について、大谷選手の母・加代子さんは、インタビューで次のように答えています。

「反抗期という反抗期はなかったような気がします。訳もなく反抗したり、態度が悪かったということは特になかったと思います。それは翔平だけではなく、子供たち三人ともにそうでした。それぞれが自分の部屋に籠ることもありませんでした。」

大谷選手は、子供のころから兄弟に囲まれた和やかな雰囲気の中で、過ごしていたのですね。

さらに、兄弟のひとりである姉・結香さんは、今でも大谷選手の心の支えとなっているようです。スポーツ紙記者は、リトル・シニアを経て、花巻東高校から日本ハム、メジャーに進んだ弟の姿を見守り続けているお姉さんについて、次のように語っています。

「日ハムの試合や2016年のオールスターゲーム、メジャーに飛び立つ前の日本でのラストゲームなど、大谷の節目となる試合にお姉さんは加代子さんとともにスタンドに駆けつけていました。あまり女性の影がないとされる大谷選手ですが、人知れず見守ってくれるお姉さんは心の支えになっているはずです」

このように、子供のころから、そして今でも温かい関係でお互いを支え続ける大谷選手の家族。そんな大谷選手と家族の心温まるエピソードは、この他にも数知れません。

ということで、今回の動画では、そんな大谷選手と、ご家族の関係性について紹介していきたいと思います。

Comments

タイトルとURLをコピーしました